img
img
img
img
img
img

南インドについて

南インドは、インドの南に位置する、地理的、言語的、文化的に分けることのできる地域の総称です。

今日、南インドは、アーンドラ・プラデシュ州、テランガナ州、ゴア州、カルナタカ州、ケーララ州、タミル・ナードゥ州、ラクシャドバ州協会、パンディ・セチリ州協会地区、アンダマン・ニコバル諸島協会、この地域の住人は「南インド人」と呼ばれることもあります。

「南インド人」とは南インドで始まった人を意味しますが、しばしばドラヴィダ人のみを指します。しかし、実際には、ドラヴィダ人の範囲に含まれていないものも南インドを自宅にしています。さらに、ドラヴィダンはインド、スリランカ、シンガポール、マレーシア、イギリス、北アメリカ、オセアニア、南アフリカ、マダガスカルの他の地域にも広く住んでいます。

言語的にも文化的にも、南インドはドラヴィダ人の地として区別される傾向があるが、インド・アーリア人やコンカニ人をはじめとした、ドラヴィダ人に含まれない人々も多く居住して現地の言語を使用しており、またドラヴィダ人もインドの他の地域やスリランカ、オセアニア、東南アジア、マダガスカルなどに広く居住している。

「南インド人」(英語で South Indians)は、語義通りには南インドに出自を持つ人々のことであるが、多くの場合ドラヴィダ人のみを指す。しかし実際には、ドラヴィダ人の範囲に含まれない人々も南インドを自らの故郷としている。

インドでは、使用言語と保持している生活文化との関連性が密接であるので、民族の分類をする場合には単純に使用言語によって分けてしまう場合が多い。それに従えば、南インドにはタミル人、テルグ人、マラヤーラム人などが居住していることになるが、その使用言語の多くがドラヴィダ語族に含まれるので、大きくドラヴィダ人と分類することが一般的である。その場合、ドラヴィダ人に含まれないのは、インド・アーリア語に属するコンカニ語を話すコンカニ人などとなる。

南インド料理について

インド半島は、東西南北に広大な土地をもち、その面積は日本の約9倍にもなります。それだけの広さをもつインドだけに、その食文化はさまざま。

南インド料理とは、インド半島の南方4州を中心とした地域で食べられている料理。大きな特徴は、菜食が中心であることです。かたや、北インドでは、動物性のメニューが目立ち、ふたつの地域は全く逆の嗜好といえます。

 

南インド料理の、主に朝食、または軽食として食べられる、米粉で作ったパンケーキ。 各種チャトニー、サンバル、カレーに付けて食べる。

英語ではIdly、Iddly、Idlisと表記される事もある。 パンケーキを意味する、フルッフィー(fluffy)と呼ばれる事もある。

レシピ一例は、米粉、ケツル小豆の粉、ベーキングパウダー、塩で生地を作り、専用の蒸し容器の型にで成形して、蒸して作る。

 

クレープのような生地に、野菜と豆で作られたサンバルカレーとチャツネ(ココナツや青唐辛子を混ぜたペースト)をつけて食べる「ドーサ」。ジャガイモなどを香辛料と炒め煮にしたものをドーサでくるんだマサラ・ドーサ、焼く過程で伸ばした生地の焼けていない部分を削り取って薄く焼いたペーパー・ドーサ、生地に小麦粉の全粒粉を加えたゴドゥマイ・ドーサ、セモリナを加えたラヴァ・ドーサ、シコクビエ粉を加えたラギ・ドーサ、ジャガリー(黒砂糖)を加えた甘いヴェッラ・ドーサなど、様々なドーサを味わうことができます。パリっと食感がクセになります。

 

ビリヤーニー(Biryani,birianiもしくはberiani)とはインド料理の一種でスパイスと米(通常バスマティ米)、肉、魚、卵や野菜などから作る米料理である。同じ米料理であるプラオとビリヤニとの違いは、プラオは生の米から炊き込むのに対して、ビリヤニは米とカレー(肉か野菜のカレー)を別々に作る点にある。特にビリヤニの製法において米とカレーを層状に重ねることは、カレーと米が融合した香り高い一品を生み出すために非常に重要である。

チキンビリヤニ

じわじわとくるスパイシーさがクセになる「チキンビリヤニ」。バスマティ米と言われるインドの細長いお米、野菜、豆をスパイスで味付けをしたインド流炊き込みご飯で、付け合わせのチキンカレーや塩ヨーグルトのライタをかけて食べます。数量限定で売り切れることもしばしば!サラダも付いてきますよ。

 

北インド料理の定食、ターリーに対して、南インド料理の同様の食事をミールス(Meals)と呼ぶ。 タミル語で、豪華コース料理を意味するサパードゥ(Sappadu, Full meals)では、床に大きなコイアマットを敷き、客一人ずつにバナナの葉が用意される。

バナナの葉には、米をメインにバナナやヤムイモ、ラッサム、サンバルのスープ、スパイシーな各種カレーやシチュー等が盛られる。

かたわらには、料理に味付する塩や各種チャトニー、デザートであるパヤサム、ケサリ(Kesari)、甘いポンガルを置く。

米と共に、パパド、プーリーが置かれる場合もある。ノンベジタリアン料理の場合、肉や魚介の焼き物が置かれる。

菓子類は、最初から出され、刺激的辛さの料理の口直しとして、食中に食べられる。

ラッサム

ラッサム (Rasam)=レンズ豆の粉末と、サーリナ・プディと呼ばれる特殊配合のスパイスを入れて作る、辛酸っぱいスープ。ベジがポピュラーだが、肉や魚介類を入れるノンベジもある。ミールスでサールを出す場合、ラッサムは出さない。

サンバル

サンバル(Sambar)、サンバール、サンバー、サーンバール(sambhar, சாம்பார்)は南インドで食べられるスパイスを使ったスープ。キマメ(Toor Dhal)と野菜を煮込んで作る。使われる野菜は季節のものが多く、ナス、大根、オクラ、カボチャなどといったさまざまなものを単独で、または組み合わせて使用する。

ライスとの相性がよく、ほぼ毎食といってよいほどに供される。また、ミールスやドーサといった料理にも、サイドディッシュとして付いてくる。日本の味噌汁のような存在である。